当サイトは縁があればすぐにでも婚活したいと思っている子持ちママのための結婚相談所サイトを紹介しています。

離婚しているからという理由や子持ちという理由で結婚をあきらめていませんか?昔と違い、お子様がいらっしゃるシングルマザーも積極的に婚カツ活動されているんですよ。

初婚の女性はもちろん、子持ちのシンママもおススメの結婚相談所サイトで素敵なパートナーを探して幸せな結婚をしていただけるよう詳しい有益な婚活サイト情報を発信しています。

本気の婚活でよく利用されている結婚相談所おすすめランキング

  • ブライダルネット

    ブライダルネット

    会員数では7万人弱と大手に比べれば小規模ですが男女比は男47:女53とほぼ理想値に近いバランスです。入会する時に、本人確認書類の提出が必要であること・入会審査を設けていることなどから、会員の方に対する信頼性が非常に高いものとなっております。また、任意で住所証明・勤務先証明・独身証明などが提出できることから、男性の本気度・真剣度を女性にアピールすることもできます
    婚活サイトは多くの場合、メール交換までのサポートとなっておりますが、ブライダルネットでは「連絡先を交換したり」や「デートの誘い」までサイト内で完結できるという嬉しいサービスがあります。こうした機能のおかげで「会える確率」は通常の2倍から3倍になりました。お値段も結婚相談所の30分の1という価格となり(現在の価格はこちらでご確認いただけます)、もしカップルが成立しなければ【全額返金】という徹底ぶり。本気の出会いを探しているなら、ブライダルネットのサービスはとても質の高いです。

  • youbride(ユーブライド)

    ユーブライド

    ユーブライドは会員数が84万人もおり、超大型サイトといえます。会員数だけではなく、利用する方の質の高さも必見です。「気軽に出会いを楽しむ」というよりも積極的に婚活を意識した方が多く、それは顔写真の掲載やプロフィールの充実度からも読み取ることができます。また、一般的に美男美女が多いと言われています。これは「結婚したいのにできないから登録する」というパターンよりも「より素敵な出会いを求め、視野を広げて婚活・恋活をしたい!」という理由で登録しているユーザーが多いからだと言われています。

  • ゼクシィ縁結び

    ゼクシィ縁結び

    TVCMで馴染みのゼクシィが運営している婚活・恋活サイトです。
    ゼクシィといえば、「ブライダル・結婚・恋愛」では、知らない人はいないでしょう。そのゼクシィが婚活サービスをスタートさせました。今までにゼクシィで結婚した夫婦の方の調査を元にしたマッチング機能やコンシェルジュによるデート調整サービスなど充実した内容です。無料で会員登録することができます。結婚を前提にした真剣なお付き合いを探している利用者が多いのが特徴です。


婚活人口も年々増加傾向にある現代、婚活に関しても斬新な方法が様々誕生しています。それらの中でも、ネット機能を取り入れた婚活として注目を集める「婚活アプリ」が人気急上昇中です。
あちこちの媒体で何度も話しの種にされている街コンは、遂には日本全国に伝わり、地域プロモーションのひとつとしても期待されているのがわかります。
今までは、「結婚について考えるなんて何年か先の話」と思っていたはずが、親戚の結婚等がきっかけとなり「自分もパートナーと結婚したい」と検討し始めるという方は少なくありません。
再婚自体は目新しいものではなくなり、新しい出会いと再婚により幸せな人生を歩んでいる人もたくさんおられます。ただし再婚特有の困難があるのも、紛れもない事実です。
ここ数年注目を集めている結婚情報サービスは、年収や趣味などの条件を定めることで、メンバー登録している多くの方の中から、パートナーになりたい異性を絞り込み、直にメッセージを送るか相談所を介して出会いのきっかけを作るものです。

結婚相談所の選択でヘマをしないためにも、時間をかけて結婚相談所を比較してみることを心がけましょう。結婚相談所を利用するということは、高額な買い物をするということであり、軽い気持ちで決めてはいけません。
再婚か初婚かに関わらず、恋愛に対してポジティブじゃないと好みの人と出会うことはできないでしょう。かつ離婚を経験した人は自分から行動しないと、条件の良い相手と知り合うことはできません。
ほとんどの結婚情報サービス提供会社が身分の証明を登録条件としており、それをもとにしたデータは入会者しか見ることはできません。そして気に入った異性を厳選して自分の氏名や連絡方法などを明示します。
スマホなどでラクラク始められる話題の婚活として用いられている「婚活アプリ」はいくつかあります。ただ「これでパートナーを探せるのか?」ということについて、現実の上で使い勝手を実感した人の声を掲示したいと思います。
多くの場合フェイスブックに加入している方のみ使うことが許されていて、フェイスブックの生年月日などを駆使して相性がいいかどうか調べてくれる便利機能が、すべての婚活アプリに実装されています。

婚活パーティーに参加しても、即相思相愛になれるとは思わない方が良いでしょう。「よければ、今度は二人きりでお出かけでも」といった、さらっとした約束をして帰宅する場合が多数です。
恋活は結婚ありきの婚活よりも必須条件がざっくりしているので、素直に出会った時の印象がいいような気がした相手に接触してみたり、今度遊びに行こうと誘ったりと、アクティブに活動してみると、恋のきっかけがつかめるかもしれません。
自分の気持ちはそんなに簡単には変えることは難しいかもしれませんが、幾分でも再婚を希望するという思いがあるなら、まずは誰かと知り合うことから開始してもよいでしょう。
街コンと言ったら「理想の相手を求める場所」だと思っている人が少なくないのですが、「パートナー候補と出会うため」ではなく、「普段知り合えない人と交流できるから」という気持ちで参加している人も稀ではありません。
結婚相談所を比較検討した時に、異常に高い成婚率に驚愕した人は結構いると思います。ただ成婚率のカウント方法に統一性はなく、相談所ごとに計算式に違いがあるのであまり鵜呑みにしないようにしましょう。